その他MAツール
2021.07.12

BOWNOW(バウナウ)とは?国産のマーケティングオートメーションツールを徹底解説!

01

営業において新規のお客様の獲得やリード客(見込み客)の育成・アプローチ、お客様のリスト作成などは課題になっているのではないでしょうか。


そのような営業の課題を解決するのがマーケティング施策であり、マーケティングオートメーションツールでしょう。一言でツールといっても国内・海外で多数のツールが存在します。


そういったなかでBOWNOW(バウナウ)は無料から使えるうえにシンプルで使いやすさに特化したマーケティングオートメーションツールです。今回はBOWNOWのことを知りたい方や、具体的なメリット・デメリット・プラン・独自のこだわりなどをご紹介します。さらにマーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入を考えている方へも詳しく解説をしていきましょう。


本記事を読んでBOWNOWのことを知りながら、別のマーケティングオートメーションツールとの比較に活用し情報収集に活用していきましょう。




■1. BOWNOW(バウナウ)とは?

BOWNOW(バウナウ)は無料から使える国産のマーケティングオートメーション(MA)のツールです。


スターティアホールディングス直系でデジタルマーケティング関係の事業を手がけるMtame株式会社(エムタメ)が2016年2月に開発・提供し、2021年で導入実績が5,000社を突破したツールです。


多くの企業がマーケティング支援のためMAツールを提供していますが、導入した企業側で使い勝手の悪さや使いこなせていないといった不満が多くあるのが現状となっています。


BOWNOWではそのような不満・課題を解決できるように、必要な機能だけを残してどの企業でもはじめやすく使いこなせるように開発されました。


■2. そもそもマーケティングオートメーションツールとは?


マーケティングオートメーションツール(MA)とは、主に企業が新規顧客の獲得や既存顧客・見込み客のさらなるファン化や取りこぼしを防ぐために行う、マーケティング施策のツールやシステムのことをいいます。


Webサイトやお客様のリストから効率的にお客様にアプローチする機会をつくり、成約に結びつけるツールです。お客様を獲得し見込み客を逃さないために機械の力を借りようというのです。


マーケティングと聞くと人が確認し実行し改善するPDCAを回しているように思えますが、今ではMAツールを活用している会社が増えてきています。


その背景にはVUCA時代といわれるように時代変化の激しさが関係しています。マーケティングの最終目的はお客様に自社サービスや自社商品を購入または使用してもらい利益を出すことです。そのためには購買行動を理解して宣伝をしたり、コンテンツの提供をすることでアプローチしたりしなければなりません。しかしそれ自体が非常に難しい時代になっています。


※VUCA:あらゆる環境が目まぐるしく変化する様


今はお客様の興味・関心が多方面に分散しており、さらにインターネットの普及で簡単に比較検討ができる時代です。サイトを見にきたお客様一人ひとりを追跡したり、分析してお客様に合わせたニーズを提供したり、見込み客の育成することが人の手では困難になっています。


そのため新規顧客の獲得や既存顧客や見込み客の育成やアプローチするのに、MAツールでより効率的に確実にする必要があるのです。



2-1. 一般的なMAツールのメリットとデメリットとは?

マーケティングオートメーションツールはメリットだけではなくデメリットもあります。ここではメリットとデメリットを紹介しますので読み進める前におさえておきましょう。


・メリット


  • ●見込み客の取りこぼしがなくなる
  • ●トップ営業マンに頼らない営業組織をつくれる


・デメリット

  • ●成果が出るまでに時間がかかる
  • ●Webサイトなどのコンテンツ制作や専門的な知識が必要になる


このような部分がメリットとデメリットになります。



■3. BOWNOWのツールはどのような方におすすめ?

BOWNOWのツールは具体的にどのような方におすすめできるのでしょうか。これからマーケティングオートメーションツールの導入を考えている方はぜひとも参考にしてみてください。



  • ●営業の効率化をしたい
  • ●見込み客の取りこぼしをなくしたい
  • ●まずは無料ではじめてみたい
  • ●まずは無料ではじめてみたい
  • ●マーケティングのことがわからないのでサポート体制がほしい


このような考えや悩みをもたれている方や企業はおすすめできます。


その理由は次の『BOWNOWの3つのこだわりとは?』にありますのでそのまま読み進めてみてください。



■4. BOWNOWの3つのこだわりとは?


BOWNOWの開発コンセプトは『低コスト』で『使いやすい』です。そこにBOWNOWのこだわりがあらわれています。



MAツールを導入している企業に意識調査をして、多くの企業が高い導入費用を払っているのにもかかわらず使いこなせていない現状があると知ったようです。以下からはその現状に対応する3つのこだわりについて詳しくご紹介しましょう。



4-1. シンプルな設計

こだわりのひとつ目はシンプルな設計です。マーケティングでさらにデジタルとなると、苦手な方はどうしても嫌厭しがちになります。また企業によってはデジタル部署やマーケティング部署がない会社もありますし、なにより現場に出る営業部署が使えるのが本当に必要な設計です。


実際に多くのMAツールでは複雑な設定が最初に必要であることや、使い勝手が悪いという問題点もあります。そのような点を改善させ、複雑な設定がゼロ・導入したその日からすぐに使いはじめられるシンプルな設計になっているのです。



4-2. すぐに成果が出る

こだわりのふたつ目はすぐに成果が出る点です。BOWNOWが大切にしているのはマーケティングツールとしてきちんと成果ができることにあります。さらにその成果を『即成果』と『見込み客の育成』のふたつの軸で考えています。


ツールを最大限活用することで導入した後すぐ結果を出しつつ、中長期的な見込み客の育成できるでしょう。それを可能としているのがABMテンプレート機能です。


ABMテンプレート機能とは、ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)を活用してスコアリングやシナリオを作成しなくてもアプローチすべきお客様を簡単にわかりやすく分類してくれる機能です。アカウント・ベースド・マーケティングは、会社にとって価値の高いお客様を選択してそれぞれのお客様に合わせて最適なアプローチをする方法となります。


ABMテンプレート機能では、お客様をポテンシャル(縦軸)とステータス(横軸)の2軸にわけ、さらにそれぞれで細かく分類をするのです。そのため難しい設定をしなくても自動的に分類がされ、アプローチすべきお客様がすぐにわかるため効率的に営業活動ができるようになります。



4-3. 無料からはじめられる

こだわりの3つ目は完全無料ではじめられる点です。お試しでMAツールを使用してみたい方やまずは低コストで導入したい方など、多くの声に応えるために完全無料のプランをBOWNOWは開発しました。


最低限のコストでマーケティング活動を開始できますし、その結果をもとに会社・上司へのプレゼンもできるでしょう。もしさらに必要なものが出てくればプランアップしていく料金体制になっています。



■5. BOWNOWで具体的にできることは?


BOWNOWでできることは主に以下の4つがあります。


  1. 1. HPを閲覧した企業や個人を自動でリスト化
  2. 2. HPを閲覧した企業や個人の購買検討タイミングがわかる
  3. 3. 見込み度に合わせて最適なアプローチが可能
  4. 4. 見込み客を逃さない


エンドユーザーが自社サイトに訪れたら、そのユーザーのIPアドレスから組織名や会社名を判別できるのです(BOWNOWは国内およそ16万の企業IPアドレスを保有)。判別したら自動的にリスト化し、その時点でリード客(見込み客)になります。リード客がサイトを訪れ閲覧することで行動履歴をみられるうえに、そのユーザーの興味・関心が高くなっている状況を把握できます。


方法としてはあらかじめ重要と思われるページURLを設定(会社概要・問い合わせ)し、そのページを閲覧した場合にステータスを自動で付加してくれます。この時点でリード客(見込み客)から準顕在客にステータスが変わります。お問い合わせページまで閲覧すると顕在客のステータスに変わります。 (よくあるMAツールは手動で分析してステータスを設定してあげなければならない)


つまり、集客したリード客一人ひとりの興味・関心度合がステータスで判断できるので、見込み度に合わせた最適な顧客育成もできるでしょう。そしてお客様へのアプローチ結果の進捗を管理することで、本当に有望な見込み客を逃すことがなくなります。



■6. BOWNOWのプランと料金の比較


BOWNOWのプランは4つあります。ここでは4つのプランを表にしたので、比較をしてみてください。おすすめはやはり無料で使用できるフリープランです。ほかのプランに比べるとIPアドレス保持期間が1ヵ月であるため制限はありますが、必要に応じた課金で機能追加やプラン変更ができるのがポイントです。



プラン フリー エントリー ライト スタンダード
月額費用 ¥0 ¥5,000 ¥20,000 ¥30,000
リード数 1,000 1,000 3,000 5,000
PV ~50,000まで PV超過後は情報が取得できなくなる ~50,000まで PV超過後は別途費用が発生 ~50,000まで PV超過後は別途費用が発生 ~50,000まで PV超過後は別途費用が発生
企業ログ
1ヶ月間
メール配信 × ×
登録ドメイン数 1つ 1つ 無制限 無制限
ファイル登録 100MB 100MB 1GB 1GB


より詳しい内容は下記の公式サイトの料金プランページをご覧ください。




https://bow-now.jp/price/





7. サポートはあるの?


BOWNOWではシステムを利用いただくお客様の成果を最大化するために、無料で5つのサポートをしています。



  • ●1to1導入支援
  • ●勉強会
  • ●動画
  • ●技術支援
  • ●コンテンツ


導入したお客様の成果を大切にしています。活用方法の支援は専任担当がつきサポート。MA操作の基礎や実技・マーケティング全般の知識系に関しても動画やオンラインの勉強会を通して学べるのはうれしいです。




■8. まとめ


本記事ではBOWNOW(バウナウ)とはどういったものかを、詳しくご紹介いたしました。現代は変化の激しい時代で、今後さらに企業や営業に対する要望が多くなることが予測されます。そういったなかでで必要としてくれているお客様に必要なときに必要なアプローチができれば、よりwin-winの関係が築けるでしょう。


マーケティングオートメーションツールはそういった課題を解決するひとつの手段です。数あるツールのなかから、あなたの要望や目的にあったツールをみつけてみてください。今後マーケティングオートメーションツールの導入を検討する際にぜひとも本記事を役立てていってください。