Instagram
2020.11.04

なぜInstagram運用に分析ツールが必要なのか【Web担当者専用】

なぜInstagram運用に分析ツールが必要なのか

こんにちは、adtecです。
Instagramの運用&ソフト提供会社がリアルな情報を公開します。
企業が苦手とするSNS。ましてやその担当者は知識や実績を求められます。


今回はビジネスアカウント運用で避けることができない分析を中心に、担当者がよく行き詰まるポイントを事例を挙げて解説していきます。
何もわからない状態からでも行動の目安は立てやすくなるはずです。




片手間では伸びない原因


「みんながやってるからSNSをやってみよう」。
確固たる確信をもって取り組む企業は少ないのではないでしょうか。
Instagramが自社の企画ページを使いまわし発信するだけであったり、やってみたけど効果がいまいちわからない、担当といっても企業のWeb担当者が片手間で行う…など本腰を入れて取り組めない様子が散見されます。


当然ながら片手間で行えば、なかなかフォロワー数が増えない・フォロワー数が増えても
コメントやいいねが増えないといった問題は解決できるものではありません。
うまくいかないことには必ず原因があります。


この原因を探るのがInstagram運用ツールです。
担当者として任されたのであればそれは立派なプロジェクト。
しっかりと計画を立て定点観測を行い反省点を分析ツールで洗い出しましょう。
コンセプトや契約の立て方を詳しく知りたい方はこちらにもまとめています。

==================

▼Instagramビジネスアカウント運用方法【担当者が必要な基礎知識】

https://ad-tec.jp/blog/Instagram/20201028-35/


片手間では伸びない原因



Instagram分析ツールの必要性


前途にお話ししました様に分析の本質は原因究明のためではありますが具体的に落とし込んでいきます。
そもそもInstagram運用を行う意義とは何なのでしょうか。
様々な企業を見ていると物販であれ問い合わせであれ行き着く先は顧客との接点です。
企業が発信しているInstagram投稿を販促チラシと考えてください。


担当者は人通りの多い所でちゃんと配れてますか?
チラシの内容はぱっと見分かりやすくなってますか?
レスポンスは得られていますか?


人がいない所でいくら頑張ってもチラシは見てもらえません。
チラシが見てもらえたとしてもレスポンスがなければつらいものです。


運用していてつらいのは「反応がないこと」だと思います。

Instagramではいいねやコメント数・アクセス数・フォロワー数・ハッシュタグ・投稿数などさまざまな軸で反応を見ることができます。
私たちは反応がないがために放置されているアカウントをいくつも見てきました。
しかし分析をしっかりと行い成功している企業が多いことも事実です。


=============

https://www.bci.co.jp/netkeizai/article/7766
(日本ネット新聞2020年10月)